「真空調理の父」谷孝之の真空調理ポータルサイト

真空調理ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真空調理の基礎知識

(2)真空調理の特徴・メリット

2)作業管理上のメリット
①計画調理の推進
 暇な時間にまとめて加熱調理し、冷蔵(冷凍)保存しておいた食品を、必要時に必要な量だけ再加熱し、提供できるため、計画的な調理が可能になり、作業の平準化や時間的ロスの軽減が図れます。
②労務管理の合理化
 計画調理の推進によって、効率的で効果的なスタッフローテーションが可能になり、早朝や休日出勤の負担軽減を実現できます。
③パート・アルバイトの戦力化を促進
 TT(温度と時間)管理によるレシピマニュアルに沿った調理を行うことで、経験の浅いスタッフやパート・アルバイトでも熟練した調理師と遜色ない仕上がりが可能になるため、スタッフ意欲と作業の生産性、労務効率の向上が図れます。
④個別対応が容易
 必要量に応じたフィルムサイズで食品を調理・保存できるため、特別食などにも機動的な対応を図りやすく、ロスの軽減にもつながります。
⑤セントラル・サテライト方式の運用に最適
 フィルムにパックされているので運搬しやすく、二次汚染の危険性も小さいため、セントラル・サテライト方式などの合理的なシステムの導入に高い適応性をもちます。